カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「ベッカムに恋して」

ベッカムに恋して [DVD]

ベッカムに恋して [DVD]

原題は「Bend it like Beckham」。直訳すると「ベッカムみたいに曲げろ」ってなとこでしょうか?つまるところベッカムフリーキックやクロスのように曲がるボールを蹴れ、ということ。この題名ならサッカーを題材にした映画だとわかるが、邦題だとベッカム人気に乗っかった女の子向け映画かと思われてしまいそう。実際わしも観るまではそう思っていた

しかし意外や意外、とってもさわやかな青春映画で、ベッカムなんて大してストーリーには関係なし。「リトルダンサー」の少女版的内容だ。「リトル〜」はクラシックバレエに打ち込む少年と男らしさを求める父との話だったが、こちらは女らしさに加え、インド人としての慣習を守ることまで求められるサッカー少女の奮闘(?)を描いている。さほど山のある話ではないもののスピーディーに展開するので、一気に観られる。ただ、主人公が何か行動を起こすたびに、やれ「女は料理を覚えろ」とか「足を見せるな」とか「白人と付き合うな」などと言う両親の頭の固さには少々イライラさせられるが、まあ世界中大抵どこでも似たような問題はあるのだろう、という気もするので許す。主要な登場人物の数がうまく絞られているのも良い。このテのチームスポーツものは、やたらと劇中のキャラ作りに走るあまり尺が足らずに消化不良という作品が多々あるのだが、主人公と絡むサッカーチームのメンバーを一人に絞ったことが功を奏したと思われる。そのチームメート、ジュールズを演じたキーラ・ナイトレイって女優も良かった。若い頃のウィノナ・ライダーそっくりの容貌で、スラリと伸びた手足にサッカーのユニフォームがよく似合っていた。この子は化ける可能性アリだろう

残念だったのは、試合のシーン。主に足元のアップとモンタージュでなんとなく試合の経過を見せるだけで、臨場感がもう一つ。もっと引きで見せる絵があれば良かったのにと思う。それと主人公の少女とハンサムな監督の関係の描き方もいただけない。なんであそこまで監督が主人公に入れ込むのか、ちょっと説得力不足な気がする

とは言え、こういうスポーツもの(と言えるのか?)の映画は楽しい気分にさせてくれて良いね。軟弱な映画と思って敬遠すると損をする佳作と言えるだろう