カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

ファインディング・ニモ

だいぶ前に劇場で観た映画なのだが、DVDを購入したので感想など

ファインディング・ニモ [DVD]

ファインディング・ニモ [DVD]

言わずと知れたピクサー製作によるCGアニメーション映画。このテの作品で極めて重要だとわしが思うのは「力こぶを見せないこと」。アニメーションの作品は言うまでもなく作画の出来不出来が映画そのものの完成度を大きく左右する。とは言え、なまじ緻密に作画されたアニメーション作品は、スクリーンに描き出される絵そのものに目が行きがちになってしまい、ストーリーやメッセージの印象が散漫になってしまったりするものだ。つまり絵の緻密さやリアルさが鼻についてしまうと、作り手と観客との間に距離ができてしまうのでは、と思うのだ

その点ピクサーの作品は、おそらく技術的に物凄いことをしているのだろうが、あまりそれが感じられない。というかよくわからない^^;おそらくもっとリアルに作ろうと思えばできるのだろうが、それをやらないのはその点を理解しているものと思われる。そのせいかストーリーに没入しやすい

ストーリーそのものは実に単純。「親の子離れ」と「子の親離れ」を描いた至極ありがちな親子の成長物語。こういう話を真正面から描きながら、いわゆる「ご教訓もの」にならないのは、ストーリー進行の邪魔にならぬよう随所に笑いを散りばめる作者のバランス感覚ゆえだろう。次々と物語が展開していくので小さな子供でも飽きずに楽しめる作品だ

せっかくなのでDVDそのものの画質音質にも言及しておく。ピクサー作品のDVDは高画質・高音質が売りで、前作「モンスターズインク」はホームシアターファンの間でもリファレンスディスクとして広く愛用されている。今回の「ニモ」も音声はDTS-ESのほか通常音声もなんとドルビーデジタルEXで記録されている。ただし前作「モンスターズ〜」では英語のオリジナル音声がDTS-ES記録だったのに対し「ニモ」では木梨憲武らによる日本語吹替の方がDTS収録されている。アニメーション作品は最初から吹替と言えなくもないし子供向け作品なので、これでも問題はないかとは思うが好みが分かれるところだろう。画質についても十分に合格点が付けられるが、「モンスターズ〜」に比べると若干圧縮率が高いか?直視型のディスプレーで見る分にはほとんど気にならないだろうが、プロジェクターで拡大するとモスキートノイズが少々気になる。この辺は再生環境によって随分印象が違ってくるのかもしれない。とは言え、ほとんど文句のない品質。すべてのDVDはかくあるべしと思うレベルの盤だ

広告を非表示にする