カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

イチロー月間50安打

すごすぎます。シーズンはじめ調子が出なかったときにアメリカの新聞で「イチローは特別な選手ではない」という論評をした人がいるとのことだが、そいつは謝罪しろ(笑)

日本の頃に比べてイチローの内野安打の多さが目立つが、これは内野の芝の違いによるものだとわしは考えている。日本の球場の内野はほとんどが人工芝。対してアメリカはすべて天然芝を使用している。天然芝ではゴロを打ったとき、人工芝に比べて転がる速度が落ちる。イレギュラーしやすいので内野手の守備位置は自然と後方になりがちとなる。加えてメジャーの選手は地肩が強いのでなおさら守備位置を下げる傾向が強い。そのため、日本ならば内野手の間を抜けるようなゴロの打球に内野手が追いつきやすくなる。しかし打撃から捕球までにかかる時間が必然長くなるためイチローの俊足との相乗効果で内野安打が増えるという寸法だ

松井稼頭央の失策が多いのもこの辺が一因になっていると思われる。さらには投手の球種が日本と若干異なることもあるだろう。まあ、この辺は慣れの問題なのだが、あと60試合ほどでどれだけ信頼を取り戻せるか。来年もショートを任されるのなら、活躍は間違いないと思うのだが

広告を非表示にする