カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

TVタックルでの森永卓郎アホ発言

今週のTVタックルのテーマは、周辺国に侵されつつある日本の領土について。竹島尖閣も自明の話なのでとくに詳述しないが。経済アナリストを名乗る森永卓郎の発言には耳を疑った

この森永という男。なぜかは知らぬがやたらと親中・親韓、反日・反米に凝り固まっているらしく、ことあるごとに中国経済の発展を過剰に評価し擁護するわ、領土の問題がテーマになっているにも関わらず、米国経済の脅威と対比して問題を相対化しようとするわ、中共から何か弱みを握られているとしか思えない態度

とくに酷かったのが、尖閣の問題を西村真悟が話しているときに「東京の土地も外資に食われている。中国だけでなくアメリカも脅威だ」との主旨の発言をしたこと。経済問題を論議しているのならそれも良いだろう。しかし西村氏も言っていたように、今回は国家の主権侵害を論じていたのだ。そもそも日本の法治下にある土地をアメリカの企業や個人が所有することと、経済的目的を達成するために、国際的に日本の領土と認知されている島嶼を不法に占拠して自らの法治下に置こうとする行為を同列に扱うことなどできるはずがない。

だいたい東京の土地なら所有者には日本の法律に基づいて納税の義務が課せられるが、他国の領土になってしまったら単純な損失になるのだ。経済アナリストのくせになぜそれを考慮に入れん。これだけ見ても森永は商売相手の中韓を慮って言っているわけなどでは決してなく、「中韓の手先」か「本物の馬鹿」かのどちらかだということは確かだろう

こんな馬鹿が経済アナリストとは笑わせる。昨今の中国進出ブームも大方こいつあたりが煽っているのだろうが、日本の経営者に「契約」が成立しない国でまともな商売が成立し得ない現実を悟らせるためにも、中国経済信仰の親玉である森永のアホさ加減はよーく宣伝しておいた方がよいと思った

広告を非表示にする