カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「ブラッド・ワーク」

WOWOWにて鑑賞。クリント・イーストウッド監督主演のサスペンス映画。心臓移植を受けた元FBI捜査官が、強盗に殺されたドナーの姉からの依頼を受け事件の捜査をはじめる、という筋立て

ブラッド・ワーク 特別版 [DVD]

ブラッド・ワーク 特別版 [DVD]

早い話が「火サス」的内容の作品。いかんせん小粒な印象はぬぐえないのだが、臓器移植と殺人事件を関連付けたアイディアがよく練られているので、最後まで飽きずに観られる。残念だったのは謎解きの途中で犯人がわかってしまうこと。わしは被害者の息子が犯人の残したメッセージを見て発した言葉を聞いた時点で気づいてしまった。もう少しギリギリまでうまく隠してくれればよいのにと思ってしまったが、このテの作品には、あまりに隠し過ぎてしまって筋自体がわけわからなくなったり、唐突に終わってしまう作品も多いので、案外あのくらいのわかりやすさがちょうど良いのかもしれない

イーストウッドが名優なのはわかるが、ちょっとこの役をやるには年寄りすぎる気が。心臓の悪い男の役だから、あのくらいでもまあ許せるのかもしれないが、60歳そこそこくらいの俳優を別に探してきた方が切迫感が出たと思うし、脇の俳優たちとの釣り合いも取れたのではなかろうか?

とはいえ、2時間たっぷり最初から最後まで楽しめる佳作には仕上がっている。サスペンスにありがちな残虐なシーンもさほどダイレクトな表現はないので、心臓の悪い人でも安心して観られるだろう

広告を非表示にする