カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

そういうのを印象操作という

今晩のテレ朝「報道ステーション」。関東大震災時に起きた朝鮮人殺害と大川常吉について特集していたのだが、例によって日本人の側が一方的な差別をしていたというスタンス。朝鮮人が被差別者という前提ありきの話なので、毎度の如きの暴走演出だった

その中で震災でパニックに陥った人々の間で「朝鮮人が掠奪や暴動を起こしている」との流言飛語が広がったという一応の事実を紹介しながら、「新聞もこれに加担した」とのナレーションとともに当時の新聞紙面を映し出した。問題はその内容

「不逞鮮人」という表記を大写しにして、新聞が朝鮮人差別を助長した、と言いたいらしいが、よ〜くその紙面を読んでみると「不逞鮮人の爆弾、実は林檎」「流言飛語」の文字が。要するに朝鮮人の暴動は事実無根であるから自制せよ、という内容の記事なのだ。当時デマを流し、自警団の暴走を助長した新聞は確かに存在したので、それを出せばよいものを、何を間違ってこんな記事を画面に出してしまったのか?身内の朝日新聞が一番朝鮮人差別を煽っていたのだから、それを紹介すればよかったろうに

さらに「軍隊も虐殺に加担した」「6000人が殺された」と事実関係についてはかなり怪しい内容満載の特集だったのだが、しっかりと事実検証を行った上で放送しているのだろうか?専門家の解説が一切なかったことからもその辺はかなり疑わしい

最後には左翼の大好きな杉原千畝まで持ち出す始末。大川と杉原の共通点は「普遍的良心に従ったこと」ではなく「責任感の強い能吏であったこと」だろう?論点がまるで見当外れもいいところ

結局「不名誉な歴史でも語り継ぐべきだ」という左翼のお題目を唱えたかっただけのようなのだが、目的のためには疑わしい事実や数字でも垂れ流す、という姿勢が腹立たしい。そういうのを印象操作というのだ

一応補足しておくが、内務省警保局統計によると関東大震災が起きた1923年の在日朝鮮人の数は8万617人。6000人という被害者数も理論的には不可能ではないと言えるが、翌1924年の同人口は12万238人。6000人も殺されたのに4万人も増えている、、、怪しくねえか?

んで興味が出てきたので調べてみたら「はてなダイアリー」の中の「愛・蔵太の気ままな日記」さんで詳細な検証をされていたのでそちらを参照していただきたい
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20020901

わしこの中に出てくる姜徳相って人の講義を大学で受けたことあったりするのだが、この人は「日本人が朝鮮人に対していかに悪意を持っているか」を証明することに血道をあげている人、というのがわしの印象だったことを付け加えておく

広告を非表示にする