カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

小島麻由美「パブロの恋人」

わしの一押しアーティスト・小島麻由美のニューアルバム「パブロの恋人が発売された

流行には目もくれずスウィングする、ジャズともボサノバともブルースともつかない独自路線、相も変らぬ小島歌謡が味わえる。今回のアルバムでは先行シングル「ブルーメロディ」をはじめ、ジャズテイストのホーンセクションが楽しい「ハートに火をつけて」、軽快なジャイブ風の「茶色の小瓶」など、従来の小島麻由美のアルバムに比べてライトタッチの曲が目立つ。他方、遊び心満載の「蛇むすめ」、スローナンバーの「砂漠の向こう」、ブギーナンバー「もしも自由が欲しいなら」など多彩な楽曲を聞かせてくれる

「多彩」と書いたが、それは決してまとまりのなさとはならない。音作りはむしろ一貫しているし、スウィングジャズを基礎に、歌謡曲っぽさを見事に融合させた独特の小島サウンドはそれ自体が一つのジャンルとすら言えるほどの完成度を見せてくれる

デビュー曲の「結婚相談所」のPVをたまたまスペースシャワーで見て以来、ずっと小島麻由美を追いかけ続けているが、音楽の完成度は高まる一方。常々その素晴らしさを訴え続けているのだが、周りに理解してくれる人がほとんどいないのが悔しい。しかしEGO-WRAPPIN’椎名林檎などが昭和歌謡曲のテイストを持ち込んだ曲で次々に成功している例を目にすると、時代が小島麻由美に追いつく日もひょっとして近いのかも?などと夢想してしまう

まあ変に人気が出てしまってもつまらないものがあるので、ファン心理は複雑なものがあるのだが^^;、この人の音楽性の高さはもっと知られてもよいのではないか、といつも思ってしまうのだ