カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

補足

一応補足しておくが、要は殺人事件が起きたとき、最も悪いのは殺人者本人以外にはありえないって話。こういうとき何かと社会だとか政府だとかのせいにしたがる輩がいるけど、本質的に因果関係はなかろうってこと。その本筋は踏み外しちゃいかん

自衛隊が撤退すべき、というのは単なる個人的意見。理由はまず本質的に日本の安全保障にとってまったくプラスにならないし、大義名分も立ってないから。最初の時点での派遣は、国防を彼の国に全面的に委ね、自主防衛の気概のない我が国の現状を鑑みればいたしかたなかった部分もあるだろう。しかしアメリカが「大量破壊兵器はない」と発表した時点で「だまされました〜」と手を挙げればよかったのに、それをやらない。台風に大地震と、大災害が続発した国内事情を理由に撤退する手もあったがそれもペケ。この辺は日本の外交ベタを感じる

何か口実があれば外交努力によって撤退は可能だと思う。しかし脅迫による撤退だけは国家として絶対に受け入れてはいけない。国民の海外渡航時の安全を考えれば当然のことだ。従ってイラクに潜伏するテロ集団が日本およびアメリカに追従する国々を脅迫すればするほどそれらの国の撤退は難しくなり、まったくの逆効果と言える

気概をもってアメリカに「NO」を突きつける日本であって欲しいとは切に願うが、現実問題としてまずは自主的な国防体制を整えることが必要だろう。それゆえに日本独自の「国軍」の創設が急務なのである