カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「じゃりン子チエ 劇場版」

じゃりン子チエ 劇場版 [DVD]

じゃりン子チエ 劇場版 [DVD]

昨日に引き続き、購入したDVDの紹介。今日はこの「じゃりン子チエ 劇場版」

今やアニメ界の巨匠の一人に挙げられる高畑勲が監督したこの作品。双葉社刊の「週刊アクション」に連載され、関西を中心に圧倒的人気を誇った原作漫画を忠実に映画化した作品だ。この作品、なんといってもキャストが凄い。漫才ブームの真っ只中だった1981年製作ということもあり、主な声の出演者は吉本芸人軍団で固められている。その後放映されたテレビ版のキャストに慣れ親しんでいる人には若干違和感があるかもしれないが、笑福亭仁鶴の花井先生(父)や芦屋雁之助の百合根社長などは今聞いてもなかなかのハマり役だ。その他のキャストは若干棒読み気味だったり、声質がイメージに合ってなかったりするのだが、それでも「作り物ではない」関西弁の心地よさの方が違和感より勝っている

物語は、家を出たヨシエとテツがふたたび一緒に暮らすまでを主線として、チエとテツの親子関係、チエとヨシエの親子関係をエピソードとともに描き出す形となっている。普通に描けば重くなりがちと思われる様な部分も、原作の持ち味を生かした巧みな演出でテンポよく進行していく。とくに親子3人で遊園地へ行くエピソードは実に魅力的で、笑いと涙、緩急自在の高畑演出の真骨頂を見ることができる

残念なのは、遊園地までの展開があまりにすばらしいのでその後のアントニオJr.のエピソードがいかにも蛇足に感じられてしまうことか。それなりにクライマックス的な盛り上がりは呼べたのかもしれないが、映画全体を見渡したとき、このエピソードがバランスを損ねたのでは?という印象が拭えない

最近の高畑勲しか知らない人は、この作品のような言わば「軽い」「笑える」「考え込まない」高畑作品は新鮮に映るのかもしれない。そう、高畑勲という演出家は、とくに大袈裟なテーマを掲げなくても、こんなにも陽気で楽しい映画を作れる人だったのだ。このことは、高畑ファンを自認するわしとしては大いに強調しておきたい