カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

スノボ面白いぞ!!

今日も朝からスキー場へ。あいにくの吹雪にもかかわらず、3連休中日とあって家族連れが大勢訪れていた。これは初心者にとっては危険な状況。案の定子供を避けることに汲々としながらのレッスンとなった

昨日に引き続いてインストラクターのKさんからターンのコツを教わる。スキーで言うパラレルターンに当たる大き目のターンなのだが、最初はやはりビビリがちでうまくいかない。そこでKさんが「エッジを効かせ続けるために前傾姿勢をとって、板に先行しないといけない」と雪面に図を描いて説明してくれる。これがスルリと頭に入っていくナイスアドバイス。「なるほど!バイクと一緒だ」という謎の解釈とともに、急に安定してターンがこなせるようになった

失敗するときは視界のどこかに地面や自分の板が見えていたのだが、うまくいっているときの視界にはほとんどゲレンデすら目に入らない。見るのは進行方向だけ。肩をなめてちょっと大袈裟に首を突き出すように前傾姿勢をとり、その姿勢を保つために左ヒザに手をのせる。こうすると安定して板が回ってくれるし、その後のスピード調整もつけやすい。ノーズを寝かせるとスピードが出るので少し恐怖感があるのだが、そこをグッと我慢して姿勢を保ち、ヒザの上下動でノーズのエッジを効かせていく。急に連続してターンすると自分の姿勢が保ちにくくなるので、ターンして一旦止まり、前傾姿勢を作った後再度ターンしていくと慌てずにできる。これで緩斜面ならほとんど問題なく滑ることができた

体力を考えてレッスンは午前中だけにしたので、その後は個人練習。まずは斜面を登って急停止などの練習をした後リフトに乗り、一本滑ってくる。転びながらではあったものの、まずまずイメージどおりに滑ることができた。滑れると実に楽しい。すぐに後傾姿勢になってコケてしまう初心者の子を観察して、自分の滑りの反面教師にする余裕まで出てきた

これはしばらくハマってしまいそうだ

広告を非表示にする