カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「ミシェル・ヴァイヨン」

ミシェル・ヴァイヨン 激走 ! DTSスペシャル・エディション [DVD]

ミシェル・ヴァイヨン 激走 ! DTSスペシャル・エディション [DVD]

デジタルWOWOWにて鑑賞

リュック・ベッソンが脚本を担当し、本物のル・マン耐久レースに参加して撮影したというリアルなレースシーンが見所のこの映画。とは言え、ストーリーは荒唐無稽、昔のマンガみたいなノリなので「リアル」を意識しすぎると裏切られる

レース世界の設定は一言で言って無茶苦茶。普段ラリーを転戦しているチームがなぜかル・マン24時間レースに参戦するわ、何年もトップを張ってきたはずのチームのエース、ミシェル・ヴァイヨンは「ル・マンに優勝するのが夢」とか言ってるわ(優勝したことないんかい!)。確実に失格になるであろう危険な走りも容認されちゃうし、敵チームの妨害工作もいくらなんでもやりすぎで、優勝の栄光と引き換えにするにはリスクが大きすぎ。正直「カンフーハッスル」よりも「ありえね〜!」

ほどよくCGを交えたレースシーンは確かに迫力十分。地面に非常に近い視点から描かれるため、気味が悪いほどスピード感がある。それだけにくだらないストーリーに時間を割くくらいなら、「グラン・プリ」よろしくもっとマシンが走るシーンをじっくりと見せてくれれば良かったものを、と思ってしまう

レースファンには「リアルさ」の面でどうにも腑に落ちない点が多々あるものの、単純に爽快感を求める向きにはそれなりに楽しめるだろう