カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」

先日のBSアニメ夜話放送後、折りよくWOWOWで「クレヨンしんちゃん」の劇場用作品が何作か放送されたので再見したのだが、改めて完成度の高さに驚かされた。その中で「オトナ帝国の逆襲」はやはり別格の出来なのだが、その次作「戦国大合戦」の正統派映画的な丁寧な作りにもひたすら感心してしまった

タイトルからわかるとおり戦国時代を舞台に、そこへタイムスリップした野原一家の活躍を描く。まずシナリオ的に起承転結がはっきりしており、カスカベの過去と未来、その二つを繋ぐ一つの「想い」という確固たる軸のもとに物語が展開されている。コメディ色の強い「クレヨンしんちゃん」にしてはシリアスで、ストーリー性に重点を置いている。一見単純に見えるストーリーも冒頭に仕掛けられた伏線をしっかりと消化することで筋を通していく高度な作り。とは言え筋書きはあくまで明快なので、小さな子供でもすんなり受け入れられるだろう

驚いたのは合戦シーンのすさまじいまでのリアリティ。同じく戦国時代を舞台にした「雲黒斎の野望」でのそれはあくまで記号的だったのだが、この作品では野戦、攻城戦における武器のバリエーションやディテール、戦術、指揮系統に至るまで、実に事細かに描いている。正直な話、合戦シーンだけなら、わしが今までに観たどの「戦国時代もの映画」の中でも最高の出来だと思う。はっきり言って「ラストサムライ」の合戦シーンなんてこれに比べたら子供騙しに見えてしまう

職業軍人としての侍と臨時雇いに過ぎない雑兵の区別もしっかりとつけているなど、時代考証にも驚くほど手抜かりがない。この点は「七人の侍」と比べたって、「しんちゃん」の方が上だと言い切れるほどのすごさだ

他の映画版「しんちゃん」が、シリアスなシチュエーションを描きつつ、最終的には原点のドタバタコメディーに立ち返ることで「子供向け映画」としてのバランスを保っているのに対し、この「戦国大合戦」と「オトナ帝国の逆襲」は途中幾度かいつものコメディ要素を散りばめながら野原一家の成長をも丁寧に描き、さわやかな後味を残して終わるのが特徴。それゆえにこの2作は「しんちゃん」映画の中でも非常に突出した印象を受けるのかもしれない

「戦国大合戦」と「オトナ帝国の逆襲」ばかり良いようなことを書いてしまったが、その他の映画版「しんちゃん」にも良作が多い。実は「栄光のヤキニクロード」以降は未見なのであまり自信を持って言えないのだが、ハズレはほとんどないと言っていい。とくに「温泉わくわく大決戦」「暗黒タマタマ大追跡」は正統派コメディーの大傑作なので、コメディー好き、パロディ好きの人はぜひ観て欲しい