カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

関口宏の偏向番組に一言

日曜朝のテレビ番組、TBS「サンデーモーニング」。この番組の「風をよむ」というコーナーは毎度毎度中韓べったりの偏向イデオロギーを垂れ流しているのだが、今朝のテーマは歴史認識の共有。ドイツとポーランドの共通歴史認識構築作業を参考にして日韓、日支の相互理解を深めよう、というわけ。そのためには「見つめたくない歴史にも向き合わなければならないという痛みが伴う」と番組は言う

それはわかる。しかしこの番組の場合歴史と向き合うべきなのは日本だけ。演出はとにかく日本の「反省」を促す方向に操作する

そこで問いたい。「お互いに」と簡単に言うが、支那が「清末から続く内戦の最中にあり、人民は各地で軍閥の苛斂誅求の中にあった」とか朝鮮は「東アジアの最貧地帯であった」とかいった歴史の真実と、果たして彼ら自身が真摯に向き合うつもりなどあるのだろうか?現在の中共、韓国の成り立ちを鑑みると、彼の地における「日本が干渉する以前の地獄」に触れることはどう考えてもタブーとしか思えない

政権の正当性を「日本を追い出した」ことだけにしか見出せない中共反日イデオロギー民族意識に転化することで国家をまとめる韓国政府。現政権が倒れない限り「見つめたくない歴史と向き合うこと」などありえないし、そうであれば共通認識を育てることなど土台無理というものではなかろうか?