カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「ブルース・オールマイティ」

WOWOWで録画していたものを鑑賞。以前劇場でも観ていたのだが感想は書いていなかったので

ジム・キャリー主演のコメディー。軽妙なテンポで展開する非常にわかりやすいストーリーとジム・キャリーモーガン・フリーマンらの芸達者ぶりが好感触

ツキのない男が神から全能の力を与えられ、己の望む地位と名誉を掴むが、恋人の心までは得られない、という言葉にするとやや陳腐な筋書き。物語のほとんどはまさに「想定の範囲内」で進展するので、サプライズを期待すると裏切られる。一応「奇跡は人の心が起こすものだ」というメッセージらしいものはあって、それなりに納得はできるのだが、たったそれだけを語るための仕掛けとしては「こんなに尺が要るのか?」という疑問をもたざるを得ない。しかしそれを補って余りあるのがジム・キャリーの怪演

いつもの少々脳が痺れたかのような彼のハイテンションな芸風がこの作品ではよく生かされている。何しろ神の力を突然与えられてしまった男の役なわけだから、これくらいの狂いっぷりで丁度いいだろう、という気にさせられるのも彼の力量ゆえだろう。神役のモーガン・フリーマンは相変わらずの安定感。ジムの向こうを張るでなく、彼自身が醸し出す飄々とした雰囲気がこれまた生かされていた

とは言え、この程度の話をもし2時間以上もやられたらさすがにこれほど好印象にはならなかっただろう。しかしこの映画は100分程度。軽〜く観られて、ちょっとの笑いがほしいという向きにはピッタリの映画と言える