カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「フォーン・ブース」

フォーン・ブース [DVD]

フォーン・ブース [DVD]

WOWOWにて鑑賞。コリン・ファレル主演のサスペンス。ヤリテ宣伝マンのステュワートが、愛人との連絡のために立ち寄った電話ボックス。突然鳴り出した一本の電話に出たことから事件が起こる。電話の男はステュワートをライフルで狙いつつ、彼を心理的に追い詰めていく、、、といったストーリー

舞台がほぼ公衆電話ボックスの一ヶ所に限られ、かつリアルタイムに進行する。物語があちこちに飛んだり、時系列が入れ替わったりしないので、じっくりとステュワートと犯人との心理戦に集中できるのが良い。冷静に見れば大した話ではない。が、難しくない分歯切れの良い展開が心地よい。登場人物がむやみに多くないのも脳にやさしい印象(笑)。正味80分程度と上映時間は短いが、かえって好印象だ。ダラダラと長くてうるさいだけのアクションシーンを続けるよりははるかに良い

不満点は犯人の動機。劇中で犯人が自分の「前科」を吐露する場面もあるのだが、それを踏まえてもどうも動機が不十分。主人公に誠実さを求める割に関係の無い人間を簡単に殺してしまうのがどうにも納得いかない。この辺の理不尽さについては作者自身あまり深く考えてはいないという気がする。もちろん異常者の行動に理由など無い、という理屈ならそれはそれで仕方ないのだが、わしとしては多少の裏付けがないと気になって心置きなく映画を楽しむことができない

とは言え、余計な贅肉を削ぎ落としたかのようなシンプルなつくりは、むしろ視聴者を純度の高い緊張感の中に落とし込むための仕掛けと考えれば大成功と言えるだろう。金と時間を浪費しなくても十分に面白い映画は作れる、ということを具体的に示してくれる佳作だ