カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「平和主義」の方々へ

時事の話題ではない。普段から思っていることをネタがないので書く次第^^;難しく書くと「わかんない」とか言われそうなのでなるべく簡単に書く

平和な方がいいのは当たり前ですな。わしだってそう思う。しかしこの日本にいる「平和主義」を標榜する人々は本当に「平和」を第一に考えて行動しているのかどうか、いつも疑問に思ってしまう

例えば憲法の議論をすると「平和主義」の方々は必ず「9条堅持」「戦争のできる国にしてはならない」などと言いますな。まあそれは百歩譲って良いとしよう。主義主張は自由だからね。でもお隣りをはじめ世界のほとんどの国は「戦争のできる」国ですわな。で、あるならば日本以外の国に対しても「軍事費を増やすな」とか「武器を輸出入するな」とか言わないのはなぜ?とくにお隣さんは軍事費をどんどん増大させて、今度はヨーロッパから最新の兵器を輸入しま〜すとか言ってるぞ。途上国にはどんどん安価な地雷を輸出して、お仲間の「地雷ゼロ」とかいう運動を妨害してますぞ。そういうことこそ大々的に非難すべきなんでないの?

とりあえず自分の国だから日本にプライオリティを置いているというのならそれも良いでしょう。しかし日本の平和を本気で志向するのなら、その平和に対する脅威すべてに立ち向かってこその「平和主義」なんでないの?

「軍隊が危険」と考えるのなら、それを律するための法を整備しておくことは重要だよね?文人の統制下に置いて、純粋に国民の生命と財産を守るためにだけ行動するように法に明記して、反した者の罰則を規定すればよいとわしは思うけど、「平和主義」の方々はそういう法整備すらダメと言う。法が無い状態で軍が暴走しちゃったときの方がよほど怖いと思うのだけど。あ、軍隊を無くしちゃえばいいのか。でも敵対する同士の片方だけが軍隊を無くしたってダメだわな?ってことは世界中の軍隊を無くさなきゃいけない。本当の「平和主義」なら世界中の国に行って軍隊を無くす運動をしなきゃ

このくらい徹底して平和を志向して行動してるのなら、わしも賛同はしないけど理解はできる。多少狂信的でも受容はできる

でも実際は違うわな。日本の「平和主義」の方々は常に内弁慶で、日本政府が何か事を起こそうとすると難癖つけて妨害してるだけに見える。憎いのは日本だけ。平和の敵は常に日本。他国の軍拡は見てみぬふり。アメリカの戦争はダメでもお隣さんの軍事行動やミサイル実験はオーケー。まあオーケーとまでは言わないまでも積極的に非難もすまい?お隣さんが日本の近海で軍事的示威行動をしても、なぜ平和への脅威と見なさない?

一貫性って無いの?本気で「平和」を考えているの?自分たちの考えに偏りはない?もう一度しっかりと考えてみてはいかがかな?