カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

西口ノーヒットノーランならず

西武対巨人の交流戦。テレビをつけたらすでに西武が6点をリードしていて「なんかつまらん試合やってるなあ」と思いつつぼんやり眺めていたら、なんと西口がノーヒットピッチングを続けているという

冴え渡る西口の絶妙なピッチングの前に巨人の打者は凡打の山。「まあそれでもいつかは打たれるんだろうな」と思い観続けていたら、あれよあれよと言う間に最終回。9回先頭のキャプラーが初球を一塁線に詰まりながらはじき返す。外野方向へ転がる打球に一瞬ヒヤリとするもファウル。さらに二球目、鋭い打球が西口の足元へ。今度こそセンター前か!と思われたが、これがとっさに差し出した西口のグラブにうまく収まりピッチャーゴロ

「大記録を達成するときにはツキも味方する」。まさにその流れに乗って次打者仁志をサードフライに打ち取り二死。あと一人となって迎えた清水への二球目、真ん中やや内寄りに入った甘いスライダー、「やべっ!!」と思う間もなく打球はむなしくライトスタンドへ。思わず苦笑する西口。テレビを観ているこちらも苦笑。東尾らテレビ解説陣もあまりの出来事に笑ってしまっている。落胆するかに見えた西口だが、その後冷静に次打者を打ち取り完投勝利を挙げた

欲を言えば、清水は初球のスライダーにもタイミングが合っていたし、前打者の仁志もスライダーに的を絞っているフシがあったので、あそこはストレートを1球放っておいたほうがいいな、と思っていたのだが、まあそれを言っても後の祭りですわな

記録達成ならなかったわりに、西口自身はどこかサバサバとしてさわやかな雰囲気だったのが観ていて心地よかった。何はともあれ、いや久々に面白いもんを観せてもらいました