カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

コジマロックンロールキャラバンvol.1レポ

5月から9月まで毎月一回、渋谷クラブクアトロで行われる小島麻由美のライブ「コジマロックンロールキャラバン」の第一回目。運良く最前列やや右方、かぶりつき状態で観ることができた

まずはスパルタローカルズが登場。どんなバンドか知らなかったのだが、シンプルかつストレートなロックバンドで、ロック野郎のわしとしては好感触。カッティングで一心不乱にかき鳴らすギターがかっこよかった。似たような曲が続く中、途中一曲レゲエ調の曲があり、これが初期のポリスを思わせ、なかなか良い。大ブレイクするような音では無いかもしれないが、実力は感じられたので、これからそこそこ売れていきそうな気がした

インターバルを挟んで小島嬢登場。今回のメンバーは塚本功(g)、ASA-CHANG(ds)、kyon(key)の3人。2月のマーキーナイトでのエマーソン北村同様、キーボードのkyonがベースを兼ねるという構成。3人は結婚相談所のPVに登場するサルのイラストの入った白いTシャツをお揃いで着込んでいた。小島嬢は胸元にスパンコールの装飾がついた黒のノースリーブに白いプリーツスカートという出で立ち

セットリストは新旧取り混ぜた構成。「月の光」「光と影」などこれまでのライブではあまり披露されてこなかった曲が演奏されたのがうれしい。その他新しい趣向としては「蛇むすめ」の終盤、リズムにあわせて小さめのシンバルを叩く小島嬢の姿も見られた。演奏自体がシンプルな上、若干スローな曲が多めだったせいか、全体的にとてもリラックスした雰囲気のライブとなった

メンバー紹介で、ギターの塚本氏が本日誕生日とのこと。かと言って何事もなく、本人のコメントも「別になんてことないね」だったのであっさりスルー。ASA-CHANGはさらに痩せたとのことだが、小島嬢が「でも顔は丸いまま」と突っ込むと、ASA-CHANG「そう、丸い、、、うるせえっ!」と言い返す。小島嬢反応無くこれまたスルー(笑)

今回のライブのハイライトは最後にピアノ弾き語りで披露された新曲「バナナのきもち」。メンバーが退場した後、おもむろにキーボードに腰掛け、「さよならカエルで終わりだとちょっと中途半端なので」として曲名を紹介、演奏を始めた。曲はいかにも出来たばかりといった風情でまだデモ段階っぽい感は否めなかったが、初披露に立ち会った感動だけで満足

ライブは正味1時間ほど。ほとんどスパルタローカルズと同じくらいの演奏時間で終了となった

ところで、ライブの後半でいきなりステージに向かって声をかけ、手紙を渡したヤツがいたが、あれってセキュリティ的にまずくないんだろうか?聞いた話によるとどうもライブ中にしゃがんでその「手紙」を書いていたらしく、いかにも危ない香りがする。普通アーティストへのプレゼントは会場入り口などで受け付けているものだが、ああいうハプニングがあるとそうした対策も考えた方がよいのでは、と思ってしまう