カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

サッカーワールドユース、日本初戦惜敗

開催国オランダとの対戦となったこの一戦。前半の早い時間帯に速攻から2点を失ってしまったのだが、後半水野のフリーキックから平山がヘッドで1点返し、以降は俄然日本ペース。平山のポストプレーから何度もチャンスを作ったが、相手キーパーの好プレーもあり、惜しくも同点に追いつくことはできなかった

とくに終了間際、ゴール前でこぼれ球を拾ってフリーになったカレン・ロバートのシュート、DFと競り合いながら強引に枠内へ打っていった森本のシュートは惜しかった!カレンにはフィニッシュの精度が足りず、森本のときはボールに引きずられてしまったために、逆サイドに詰められなかったことが悔やまれる

とは言え、前半はほとんど前を向けず、オランダに好き放題に走られていたことを思えば、後半チェックを早くして幾度も反撃の機会を作ったことは大いに収穫と見て良い。試合開始から飛ばしすぎたせいか、オランダの多くの選手はややバテ気味だったが、日本の選手は最後まで運動量が落ちなかったことはとくにすばらしい。体格的にも身体能力的にも日本に勝ると見られたオランダの選手に対して、平山をはじめ空中戦ではまったく引けをとらなかったことも頼もしく感じた

次戦以降に期待したい