カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

コジマロックンロールキャラバンvol.3

渋谷クラブクアトロで行われる月例ライブの第3回。整理番号ひとケタだったので楽々最前列をゲット、小島嬢の真下で見ることができた

対バンは菊地成孔クインテット・ライブ・ダブ。前衛的なフリージャズで正直よくわからず。最初の曲が「Over the rainbow」のアレンジであることに気づくのにすらえらく時間がかかってしまった。雰囲気はあるし、一人一人の演奏は格好良いのだが音楽的な約束事がまったくない(かのような)フリーのスタイルがどうもあまり馴染めなかった。まあわしは単純なわかりやすさを求めるロック小僧なので、ああいう頭の出来が良い人たちがひねり出したような音楽は苦手なのかもしれない

今回のメンバーは塚本功(g)、長山雄治(b)、ASA-CHANG(ds)のスリーピース。個人的にはこの構成が一番好きかもしれない。シンプルながらも力強いビートが心地よい。気心の知れたメンバーとあって小島嬢もどことなくリラックスした雰囲気。のびのびといつものコケティッシュな魅力をふりまいていた

出だし、最近のライブでは演奏していなかった「セシルカットブルース」をいきなり披露。さらにデビュー曲「結婚相談所」や「私の運命線」などライブ前半は初期の曲が続く、古くからのファンにはうれしい構成。中盤以降は「パブロの恋人」からの曲を中心にしたいつもの定番メニューに戻ったが、随所にメンバーと息の合ったところを見せ、ライブとしての完成度はここ数回で最も高かった

小島麻由美のライブはミスやハプニングも魅力の一つ(?)と言えなくもないのだが、今回目立ったミスはなし(厳密に言えば長山氏が一度入りをトチッたが)。今年に入って定期的にライブをこなしていることが今回のこの完成度に繋がったのではないかと思われる。こうなってくると次回以降への期待が高まる。とくに9月はワンマンでのツアーが組まれているので、最高の状態でのパフォーマンスが見られそう。ちょっと早いが今から楽しみで仕方がない