カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

スピーカー購入

うちのなんちゃってシアターは一応5.1chの体裁はとっているものの、スピーカーが非常に安上がり。リアに使っているBOSEのイタリアーノ(101IT)が一番まとも。メインスピーカーはKENWOODのコンポにセットでついていたものなので型番は不明。学生時代にオーディオショップで見つけたものなのだが、パワフルで意外にキメ細かい音を出していたのが気に入ってバカ安価格で購入、今もって使いつづけている

問題はセンタースピーカー。現在のAVアンプ(YAMAHA DSP-AX630)を購入した際にさしあたって5.1ch環境を構築するために購入したパイオニアの安物(3000円くらいだった)をこれまで使っていたのだが、どうも音が貧弱で長らく気になっていた

そこで一念発起してセンター用に新しいスピーカー購入を決意。ついでに6.1ch環境にすべく、コンパクトなセットスピーカーを物色していたところ、ネットオークションでJBLのコントロール1を安く手に入れることができた

JBLのスピーカーはウーファーのエッジの耐用年数に不安があるのだが、今回購入したのは出品者の方がセーム皮のエッジにリペアしたものなので問題なし。到着後さっそくテストしてみるとなかなか元気に鳴る。パワーアップが一番の目的だったのでとてもうれしい

さっそくセンターとリアセンターに設置してHivi-CASTで調整。続いて6.1ch音声のテストに「ハウルの動く城」を再生してみる。正直なところセンタースピーカーの変更などさしたる違いは無かろうと思っていたのだが、台詞がしっかりと定位し、木村拓哉の声も艶っぽさが増すなど、意外なほど印象に違いが出た。スピーカー特性の違いによるバランスが最大の心配だったが、こちらもさほど問題はないようだ

コントロール1は設置方法でもかなり音が違ってくるようなので、今のいい加減な置き方ではまだ実力の一端も見せていないのかもしれない。ここはもう少し検討の余地がありそうだ