カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「スパイダーマン2」

デジタルWOWOWのHV放送で鑑賞

前作はスパイダーマンというキャラクターの紹介映像的意味合いが強かったが、今回は説明不要な分、最初から事件に没頭できるのは良いと感じた。フルCGのシーンにやや違和感はあるものの、アクションは総じて小気味よく、娯楽作としては十分に合格点を与えられる出来。しかし人間ドラマの薄さ、物語の詰めの甘さは相変わらず

個人的に前作で一番の不満点だったメリージェーン(MJ)のキャラクターのつまらなさ、魅力の無さはむしろエスカレート。主人公に思わせぶりな態度で近づいたかと思うと突然別の男との結婚を切り出し、いざ挙式というときにいとも簡単に裏切って主人公のもとへ走る、という尻軽ぶり。これをとくに美人でもないキルスティン・ダンストが演じるものだからどうしても「この女のどこが良いの?」と思ってしまう

主人公の心理ドラマも薄っぺら。報われないヒーローに嫌気が差すという描写は良いとしても、ヒーローを辞める直接の引き金になったのが「女にふられたから」というのはいかがなものか?そもそもふられた理由も「恋人を危険に晒せないから」というのは言い訳で、お前の煮え切らなさのせいだろ!と突っ込みたくなる

巨額の制作費を要した商業作品なので、ハッピーエンドにしたかった事情はわからないでもない。しかし葛藤を抱えながらもヒーローとして生きていく、というのが前作の幕引きであったにも関わらず、最終的にはカミングアウトすることで問題解決、ではまったく合点が行かない

こんなしょうもない不満点を並べてしまうのも、作者が主人公の心理劇を不用意に映画に持ち込んでしまったため。ケレン味たっぷりの悪役との駆け引き、アクションにもっと時間を割いて、くだらないドラマを削ればよかったのに、とつい思ってしまう

展開から言ってまちがいなく「3」が作られるのだろう。しかし次作のスパイダーマンはMJに見送られて仕事に出向いちゃったりするんだろうか?それはヒーロー像としてどうなんだ?銭形平次じゃあるまいに(笑)