カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「ゲド戦記」宮崎駿長男監督で映画化

ぶったまげました、このニュース。実写映画ならいざ知らず、極めて特殊な技能が必要とされるアニメーション映画の監督を世襲することなんて本当に可能なのだろうか?いかにも鈴木敏夫らしい話題性を狙った策略だが、今回はいくらなんでも無理な気がする。吾朗氏が実際にどんな仕事をするのかは皆目わからないが、もしも脚本もコンテも書かず、アイディアとダメ出しをするだけなら「監督」の肩書きを据えるのは絶対におかしいと思う

ゲド戦記」映像化は、わしの記憶が正しければテレコム時代の宮崎駿が一度原作者ル・グウィンに打診して断られていたはず。マンガ版の「風の谷のナウシカ」は言わば「ゲド戦記」の代わりとなる映画作品の企画書として誕生した、とも聞いた。当時は原作者が日本のアニメ作家など相手にもしなかった、という話も聞いていたのだが、今回は原作者自身が映像化する際の監督として宮崎駿を指名したとのことらしい

しかし、だとすれば長男の吾朗氏が監督するというのは原作者の意向に反することにならないのだろうか?もちろん発表も済んでいるのでその辺の了解は得ていることと思うが、失敗したときのことを想像すると背筋に寒いものが走る

個人的には吾朗氏は大学の先輩でもあるので頑張って欲しいとは思う(無論一面識もないが)。がアニメーション監督の世襲という前代未聞の暴挙が成功する可能性は極めて低いと予想する