カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

中共、報道規制を日本に要求

ちょっと遅いが9日の共同配信記事より

中国外務省の崔天凱アジア局長は九日、北京での日中政府間協議で「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかり書いている。日本政府はもっとマスコミを指導すべきだ」と述べ、日本側に中国報道についての規制を強く求めた。
メディアを政府の監督下に置き、報道の自由を厳しく規制している中国当局者の要求に対し、日本外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長らは「そんなことは無理」と説明したという。
日本側によると、崔局長はまた、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題なども挙げ「(日中間にあるのは)日本が起こした問題ばかり。中国は常に守りに回っている」と批判した。
佐々江局長は「日本だけが一方的に悪いという主張は受け入れられない」と反論したが、双方の隔たりの大きさに、日本外務省幹部は「これが日中関係の置かれている実態」と苦笑した。

おいおい、笑ってる場合かよ。いや、確かにお笑い種とはこのことなんだけどさ

そもそも日本ほど支那共産党に好意的なメディアの多い国はほかに無いと思うんだが。「自由」や「人権」といった世界がもはや当たり前のものとして扱おうとしている概念を自らの意向で踏みにじっても一向に構わないというのが、今も昔も変わらぬ奴らの身上だというのに、これ以上こんな連中との「友好」を叫ぶことに一体どんな理があると言うのか

それにしても怒りを通り越して呆れるしかない物言いなのだが、普段「報道の自由」を脅かす事態が起きると天地がひっくり返ったかのように大騒ぎする大マスコミの皆さまの静観ぶりはどうしたことか?これこそ「中国様に好意を示す最大限の配慮」の証拠だとは言えまいか?(苦笑)