カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「フライトプラン」

メンズデーということで劇場へ。時間が合ったのでジョディ・フォスター主演の「フライトプラン」を鑑賞してきた。公開中の作品なので、あまり詳しいことは書かないことにするが、これ読んだら観る気なくすかもな〜(苦笑)

フライトプラン [DVD]

フライトプラン [DVD]

予告編を見ての印象では、航空機内での「ダイハード」ばりのアクションものかと思っていたのだがさにあらず。ど派手なアクションはなく、とくに前半は物語自体が心理サスペンスなのかクライムアクションなのか判別がつかない状態で進行する。最終的にはすべてが一つの犯罪に結びついていくのだが、正直その仕掛けはお粗末。しかも大した仕掛けでもないくせにもったいぶって観客に真相をなかなか見せないので、観客は映画の大半で主人公を敵視、あるいは傍観者となって眺めるしかなくなってしまう。どんでん返しに爽快感がまったくないのはおそらくそのせいだろう

そもそもこの犯罪計画自体が穴だらけ。もしもわしがこの犯罪者の一味なら絶対にこんな計画実行したくない(笑)周到に用意された割にはあまりにも他力本願で、途中少しでも予定と違うことが起きれば間違いなく破綻してしまうような杜撰な計画。良心的に解釈すれば、ある程度のリスクを負っても金を手に入れたかったのか?との見方もできるが、拙速に犯罪を遂行しなければならないような犯罪者の背景もまったく見えてこない

キャラクターにも魅力が無い。人物描写が記号的で深みが無く、まったく感情移入できない。物語の序盤を占める主人公の心理劇も描写がなべて舌足らずで緊張感が伝わってこない。主人公の身に降りかかった不幸に対しても同情心も沸かず、ただヒステリックに娘を探す彼女の姿にイライラさせられた

これはもう決定的に脚本がダメ!としか言いようがないだろう。箸にも棒にもかからないとはまさにこのことで、こんな脚本を「大作」として映像化しなければならなかった監督には同情さえおぼえる。撮影、音響などの技術、役者の演技には文句のつけようが無いだけに脚本の拙さにただただ嘆息してしまった

それにしてもジョディ・フォスターという人は最近イマイチ作品に恵まれてない気がする。「ハンニバル」を蹴ってまで出演したという「パニック・ルーム」も今ひとつ冴えない作品だったが、今回はさらに輪をかけてヒドイ。駄作の部類に入ると言っても過言ではないとわしは思う