カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

WBC準決勝を前に

絶対に勝たなければいけない準決勝を前に、わしなりに気になることを2、3挙げておく

  • ここ一番では薮田か大塚を

この二次リーグ、王監督は終盤のここ一番という場面、三振が欲しいケースで藤川を起用してきた。確かに彼の球威と勝負度胸は魅力的ではある。しかし今大会ではアメリカのアレックス・ロドリゲス、韓国の李鐘範に許したタイムリーと、ともに右打者にインコースのストレートをセンターにはじき返された。おっつけての流し打ちならば仕方ないとしても、明らかに力負けしているところを見ると、今ひとつインコースのストレートに打者を押さえ込むだけの球威もしくは切れが足りないということではなかろうか?昨年レギュラーシーズンで最多登板の記録を作った藤川だけに、目に見えない疲労がこんなところに現れているのではないか?と思われてならない

そこで代わりに大塚、薮田の起用を王監督に勧めたい。二人とも球威は藤川に劣らぬものがあるし、ここまでの投球を見ても調子は悪くない。代わりバナのコントロールに気をつけさえすれば問題なく相手打者を抑えられることと思う

  • 小笠原三塁、新井一塁起用

サードの岩村が負傷したことで難しくなった内野の編成。サードは今江の起用も十分に考えられるが、わしとしてはこの布陣をオススメしたい。小笠原は日本ハムでもサードを守っているし、二次リーグでもファーストで全試合に出場していたためアメリカの芝にも慣れており守備力に不安はない

これだけレベルの高い戦いになってくると投手から連打で点を奪っていくというのはなかなか難しくなってくる。そこで必要になってくるのが一発で得点する長打力。負けたら終わりのトーナメントに入ればその重要性はますます大きくなる。セ・リーグ本塁打王の新井のパワーはきっと相手にとっての大きな脅威となるだろう

  • 福留に代えて青木を

誰が見ても福留の打撃はスランプの極致にある。素人のわしが見てもわかるほど打撃の始動段階からバランスが悪い。そこでセ・リーグ首位打者青木の起用を薦めたい。気になるのは打順なのだが、一番青木、二番西岡、三番イチローでどうだろう?大技小技、なんでもいける強力な布陣だと思うがどうか?