カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

WBC韓国、よくやったとは思うが

韓国が二度日本を下したのは事実。WBCでの通算成績も6勝1敗。これは胸を張って良い成績だと思う。わしもかなり韓国野球を見直した部分がある。しかしレベル的に日本を上回っているとはまったく思わない。短期戦では「幸い」ボロが出なかったが、細かいバッテリーワークや走塁では客観的に見てまだまだ日本の方が一枚上手だと思った。自信を持つのは結構だが過信は禁物だろうと忠告しておきたい気分だ

今朝の「とくダネ!」で小倉キャスターが「韓国かわいそうな気もするね」「試合後(日本選手が)韓国ダグアウトに握手に行けばよかった」などと言っていたが、一次、二次リーグの試合後の韓国選手達の無礼なふるまいをちゃんと見ていれば、そんな気にならない日本選手達の気持ちもわかるだろうよ

凡退してベンチに帰るイチローの足下にボールを投げつけてみたり、これ見よがしにマウンドの土をほじくり返して国旗を立ててみたり、、、外国の、しかも第三国のプロチームがレギュラーシーズンで使うマウンドにだよ?それがどんなに失礼で迷惑か考えないのかよ?イチローが「不愉快」と発言したのには、この行為への非難も絶対に含まれていたと思う。負けた悔しさだけから出た言葉ではない。道具や野球そのものへの敬意を人一倍持っているイチローなら、きっとこれを「許せない行為」と感じたはずだ

まあそんな韓国代表の中にあってもキム監督は比較的冷静な人だったようで、大会中一貫して「(試合で勝っても)日本を追い抜いたとは思わない」と語っていた。こういう自己を客観視できる人材を韓国は大事にせにゃいかん、とわしは思う

まあでもよくやったよ、全体的に。いい夢見たね(笑)