カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

無知無恥ノ・ムヒョン

竹島に関連して韓国のノ・ムヒョン大統領が発表した「特別談話」。その内容があまりにも手前勝手でデタラメなものだったので、領有権の問題に絞って反論しておきたい
http://www.asahi.com/international/update/0425/006.html

独島(竹島)は
=中略=
日本が朝鮮半島の侵奪の過程で最初に奪い去った歴史の土地だ

この主張は1905年の竹島島根県編入の段階で、竹島が当時の大韓帝国(以下「韓国」)領土であったことを証明できなければ成り立たない

したがってノ・ムヒョンと韓国政府は、竹島の領有権を主張するのであれば、「奪われ」る以前に竹島が自国領であったという客観的資料を提示し、国際社会の了解を得る必要がある。「オレのものだからオレのものだ」では野蛮の徒と罵られても仕方あるまい

ノ・ムヒョンの主張(韓国では常識らしいが)だと日本は竹島朝鮮半島侵略の足がかりとして「侵奪」した、ということになるのだが、仮に当時竹島が明らかな韓国領だったとして、EEZはおろか200海里の概念すら無かったこの時代にわざわざ他国領の島嶼を切り取ってまで領有する必要があったかどうか?そこまで考えてくれないと困る

明治以来の日本の歴史を見れば、いかなる小さな土地でも他国領を自国へ編入するにあたっては必ず両国間の条約に基づいて領有を宣している。1905年の日本の竹島に対する措置は、かねてから自国漁民が往来する無主の島嶼に対するそれであって、これを「侵奪」と呼ぶのは論理の飛躍に過ぎる、と言わざるを得まい

さらに言えば、韓国は「独立」後でも正当な手続きを経て竹島の領有を宣したことはないし、それを国際的に認められたことも無い。にもかかわらず、武力に訴えて竹島を「実効支配」しつづけていることは「不法占拠」以外の何物でも無かろう

もともと自分の物ではなかったものの所有権を正当化するために「盗まれていたのを取り返しただけだ」と主張する。相手が冷静に「じゃあ警察で決着をつけよう」と言っても「これは俺とお前の問題だ!」と逆ギレ、、、これって詐欺かヤクザの手口と同じだとは思わないか?ノ・ムヒョン

私たちはこれ以上、新しい謝罪は求めない

嘘つけ!!!!