カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「亡国のイージス」

亡国のイージス [DVD]

亡国のイージス [DVD]

某国工作員自衛隊イージス艦いそかぜ」に米軍の秘密兵器を持ち込み、艦を乗っ取る。東京にミサイルの照準を合わせ、政府に要求を突きつける「いそかぜ」。一度は艦を降りた先任伍長・仙石が自衛隊内の秘密組織から派遣された若い工作員とともに某国工作員の計画を阻止するため、再び艦に乗り込む、、、といったストーリー

ベストセラーの映画化ということなのだが、わしは原作を読んでいないのでその辺のところの出来がどうなのかはよくわからない。が、観ていて人物の背景描写がどうにも中途半端に感じられるのは原作を知らないことが大きいような気がする。人物描写の踏み込みが足りないので、どうしてもアクション部分に目が行ってしまうのだが、こちらもイマイチ中途半端。人間対人間のアクションはまずまずだと思うが、艦艇の戦闘シーンになると遠景のCGとレーダー画面の組み合わせに終始して、どうも緊迫感が乏しい

とは言え、この映画の場合そういう部分はどうでもいいのかもしれない。本来ドラマの軸となるべき、若い工作員と仙石が絵を通じて心を通わせるくだりもはっきり言って蛇足の感が否めない。映画全編を通じてはっきり伝わってきたメッセージはひとつだけ。それは「先に撃たなければ撃たれる」ということ。身も蓋もないのだが、国際間の紛争においては絶対的な事実と言ってもいいだろう。この映画を見て「現実的でない」という人もいるかもしれないが、「先に撃てない」日本は「撃たれる」運命にある、という一種の問題提起(?)は決して非現実的な話ではなく、日本の国防の現状とその問題点をシンプルに描き出していると思う

面白いテーマを扱っているのに、残念ながら映画の出来そのものは少々お粗末。脚本でメッセージ性を強く押し出しながら、役者が演じていたのは「ダイ・ハード」。これではまとまるものもまとまるまい。決してつまらないとは言わないが、もう一度見たいかと問われれば「別に」と答えざるを得ない作品だ