カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「クイール」

ワーナーマイカルシネマズみなとみらいにて鑑賞

クイール [DVD]

クイール [DVD]

結論から言うと、動物映画はやっぱり反則。どんなにくだらないストーリーでもかわいい動物が画面に大写しになったら、それだけで許せる。特にこの映画の場合、犬好きの人なら誰しもそう思うのではなかろうか?

といってこの映画がまったくダメというわけでもない。盲導犬クイールの主人役を演じた小林薫はやっぱりウマいし、指導員役の椎名桔平も存在感があってよかった

だが商業映画としてはどうなんだろう?ストーリーは最初から最後までほぼ思ったとおりに進行し、何の仕掛けもない。登場人物や主人公の犬に過剰に肩入れするでもなく、淡々と時が流れていく。このテの映画にありがちな「泣き」に走らなかったのは狙いとしては正解だったのかもしれないが、不特定多数の人が金を払ってまで見る商品として考えると、いささかセールスポイントに欠ける気がする

ま、学校の教材としては良いかもしれんけど