カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

なんとも、、、

- エキサイトニュース

 京都府城陽市の国道24号で18日、車同士が正面衝突し同市観音堂、会社員、加藤愛子さん(33)が死亡した事故で、軽乗用車を運転していた無職男(41)=同府久御山町=と加藤さんは全く面識が無かったことが府警城陽署の調べで分かった。自殺志願の男が、加藤さんが運転していた軽乗用車を奪った後、助手席に乗せたまま事故に巻き込んだとみて、強盗や監禁などの容疑で捜査している。

 調べでは、加藤さんは大阪府枚方市から帰宅途中だった。加藤さんの自宅近くに男の親せきの家があり、事故発生の数分前、男が「自殺する」と言って包丁を持って家を飛び出したと家人が110番。また、近くに停車中の車のドアをたたく男が目撃され、人相や服装が似ていた。男は事故で足に重傷を負い入院中。

一人で死ねや、ボケが。足に重傷?切断しちまえ

こういう自分のことしか考えられないヤツに限って他人を巻き添えにする

残されたご家族のことを思うと言葉が出てこんわ

 加藤さんの母(58)は「こんなことに巻き込まれて今も頭の整理がつかない」と話した。優しくて責任感のある娘だったという。事故の日は両親も別の車で加藤さんと一緒に走っていたが、途中で違う道を選び、少し遅れて事故現場に遭遇した。助手席の加藤さんを見つけ「愛子、愛子」と必死で呼びかけたが反応は無かった。男は「そんな名前違う」と2回大声を張り上げたという。

ほらね、自分のことしか考えてねえ