カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

柳沢発言、トドメ

橋下弁護士の指摘を受けて、簡単な国語の問題を作ってみた

問題:次の文を50字以内にまとめた場合、正しいものを下記から選びなさい
「なかなか今の女性は一生の間にたくさん子どもを産んでくれない。人口統計学では、女性は15から50歳が出産する年齢で、その数を勘定すると大体分かる。ほかからは生まれようがない。産む機械と言ってはなんだが、装置の数が決まったとなると、あとは産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかない。1人当たりどのぐらい産んでくれるかという合計特殊出生率が今、日本では1.26。2055年まで推計したら、くしくも同じ1.26だった。それを上げなければいけない」

  1. 15歳から50歳までの出産可能な女性の数は決まっている。人口減を止めるには一人頭の出産数を増やすしかない
  2. 少子化対策のためには女性にがんばってもらわないといけない。産む機械となって子どもを増やしてもらいたい
  3. 国家の未来のために子どもを増やさねばならない。すべての出産可能な女性はそのための「機械」に過ぎない

これではっきりするんでねえの?

これで2や3を選ぶ奴は落第だよ、間違いなく。つまりほとんどのマスコミもテレビのコメンテーターも野党の馬鹿議員も全員国語落第ってこった