読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

横手市十文字「三角そばや」

まもなく引き払う相方のアパートへ向かう道の途中に十文字町横手市)がある。この町のラーメンは全国的にも有名で、多くのラーメンフリークが足を運んでいるという

本日はその中でも一番人気と言って良い名店「三角そばや」へ。横手や湯沢にも支店があり、そちらはそれなりの広さがあるとのことだが、本店はせいぜい20人も入れば満席になるであろうこじんまりした造り。有名店にありがちな芸能人等の色紙もあるにはあるが数が少ないのでかえって落ち着いた感じで好印象だ

メニューは潔く中華そば(普通、中、大)のみ。わしは中華そばの中(750円)を注文

一口スープをすすって納得。魚ダシ(おそらくイワシかなんかの焼き干し)ながらコゲ味や癖が無くすっきりした味わいのスープ。透明度は同じく十文字の丸竹食堂に軍配が上がるが、こちら三角そばはよりコク味が強い感じ。個人的には丸竹を推すが、三角の方が万人受けはしそう

麺はカン水無しの平打ち縮れ細麺。麺自体の味が割に強く、噛むと小麦の香ばしさが感じ取れる。ツルツルと上品にすするタイプの麺ではないので、ここは一つ覚悟を決めて一度に多めの麺を豪快にすするが吉

具は海苔、シナチク、ネギ、秋田県南のラーメンによく見られる麩、そしてチャーシュー。チャーシューは油脂分少なく硬め。あくまで脇役というスタンスか

正直特にここが旨い!と力強く推す点には乏しいのだが、その分欠点がまったくと言ってよいほど無い。考えてみればこういう完成度の高さこそが旨いラーメンの共通項なのかもしれない

広告を非表示にする