読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

奥州市水沢「奥州屋」

ラーメン食べ歩記

最近お気に入りのラーメン屋が奥州市水沢区国道4号沿いにある奥州屋。「宝介」の向かいと言えばわかりやすいか。あまりにベタなネーミングと今ひとつの客入りを見て、どうも足が向かなかったのだが、一度食べたら病みつきになってしまった

写真はチャーシューメン。さっぱりした比内地鶏*1のスープに中太縮れ麺。物腰が柔らかくフレンドリーな店主のオヤジさんによると醤油味用の麺には輸入の小麦粉、味噌味には国産のものを使っているのだとか。その辺並々ならぬこだわりが感じられる

具はシラガねぎ、海苔、煮卵、それにホロリと舌の上でとろけるチャーシュー。たしか700円だったと記憶しているが、東京だったら1000円出してもおかしくない美味さ

たっぷりのニラを使ったニラ味噌(650円)も美味い。サラリーマンの昼食と見るや「ニンニク入れても良いですか?」と聞いてくれるオヤジさんの心遣いがうれしい。ニラ炒めには卵の白身のみを溶いて、黄身は生のまま乗せるといった工夫も見事。こってりとしていながらしつこさは無く、甘からず辛からずのバランスよい味。シャキシャキとしたニラの食感が良い

ここのメニューにはロシア風ギョーザなるものもある。最初はなぜこんなものがあるのか?と不思議に思っていたのだが、ときどき店の手伝いに現れるかわいらしいロシア人の奥さんを見て納得。これも一度チャレンジしてみたい

*1:最初「魚系」と書いたが、店に「比内地鶏」って紙が張ってあった--;魚も感じたんだがなぁ

広告を非表示にする