カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

iPodminiバッテリー交換失敗(泣)

2年ほど前に中古で購入したiPod mini。バッテリーの持ちがすっかり悪くなり、携帯して駆動させると1時間もすれば電池切れとなる体たらく。長らく社用車専用にして使っていたのだが、オークションで安い交換用バッテリーを見つけたので購入した

交換作業のやり方は「iPod mini バッテリー 交換」という具合に検索をかければいくらでも出てくるのでそれらを参考に作業。新しいバッテリーを装着し下側のプラスチックカバーの内側にある金属部品をはめ込もうとしているときに事件は起きた。この部品、四隅にバネのようにはめ込む仕組みになっているのだが、これがえらいこと硬い。外側のカバーにドライバーを引っ掛け、部品自体をテコの要領で押し込もうとしたのだが、このときに精密ドライバーがポキリと折れ、先端が中の短いフィルムケーブルに当たってしまった。ヤバイと思ってよく見るとフィルムケーブルにひびが。しまったと思ったが後の祭り。そのまま元通りに組み立てて動かしてみると再生はできるのだが、曲名やアーティスト名を選んだり、ボリュームを調節したりするクリックホイールがまったく働かない。もう一度バラして組み立てなおしてみたが結果は同じ

調べてみるとこのフィルムケーブルはクリックホイールと本体基盤とを繋ぐケーブルだそうで、もうどうしようもなさそう。まあ再生はできるので車の中で使う分には問題ないが、携帯用としては復帰できそうもない。もともと車内では充電しながら使えるFMトランスミッターを繋いでいるのでバッテリーの交換がまったく無意味になってしまった(泣)

というわけでこれからminiのバッテリー交換に挑む皆様。フィルムケーブルの破損には十分ご注意くだされ