カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

日本以外全部沈没

グエムル」のDVDを返しに行った際、以前から「観たい」と思っていたこの作品のことを急に思い出したので借りてきた

日本以外全部沈没 [DVD]

日本以外全部沈没 [DVD]

原作は筒井康隆のパロディ小説。監督は「いかレスラー」「ヅラ刑事」などの河崎実という最初からバカ映画になることは決定しているこの作品。期待に違わぬチープなB級作品に仕上がっている

主演は小橋賢児なのだが、それよりも日本の首相役にテレビ版「日本沈没」で主人公小野寺を演じた村野武範防衛庁長官役に同映画版小野寺役の藤岡弘、を起用する悪ノリぶりがスゴイ

地殻の大変動によって南北アメリカ大陸、ユーラシア、アフリカ、オーストラリアなどの大陸が次々と水没。これによってそれらの地域の住民が続々と世界でほぼ唯一の陸地となった日本列島に集まってくる。映画はこれによって世界の盟主に祭り上げられた日本人の狂騒と外国人たちの凋落をひたすらシニカルに描く

凋落していくかつての著名人としてブルース・ウィリスシュワルツェネッガーの「そっくり」タレントが出演しているが、最初から似せるつもりなどサラサラ無く、ただ小ネタとして登場させるだけ。ビルの爆破シーンは恐ろしくチープなジオラマ。ある意味徹底した安手の造りは「記号的で構わない」という一種の割り切りなのかもしれないが、狙いというより低予算ゆえの必然との感は否めない

かつて日本に対して高圧的だったロシアや中国、韓国の首脳が皆必死で日本語を覚え、日本人に媚びる様は最初のうちは笑って観ていられるのだが、いい加減しつこくなってかえって不愉快に思えてくる。それがなぜかと言えば、この描写は要するに日本人が抱えるコンプレックスを裏打ちにして、それで「溜飲を下げる」日本人自身を笑いのめしていることが明らかだからだろう。この手のパロディーは日本人に勢いのあったバブル期にやれば意味のあるものになったかもしれないが、どこかショボくれてしまった現在の日本人に向けてこれをやられても今一つ笑えない

島国根性を嘲うのもいいが、半島の属国根性や支那覇権主義が明らかになってしまった今これをやる意味がまったくわからないし、たぶん作り手もそこまでは考えていないのだろう。中盤以降馬鹿馬鹿しい演出がやや食傷気味な上にパワーダウンしてしまい、逆説的なメッセージ性はかなり薄くなってしまった。かろうじてラスト、一つのローソクを前に全員が束の間の安らぎを得るという場面に原作者のメッセージが投影されていたように思うが、これもまた中途半端。もっと突き抜けて笑える作品にしてしまった方がいろいろ見る側が邪推して、逆にメッセージ性が浮かび上がってきたのではないかという気がする

まあ、それもこれも「どうでもいいや」って程度の映画なんだけどね