カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

アジアカップ終戦

まったく不愉快。羽生のシュートは必ず何かに当たって跳ね返る。今大会の羽生は見事なまでに「当たって」いた。どうせなら最後までジンクスを重んじたらよかったものを。ま、それは言ってもしゃあないけどね

今日の試合に関していえば、攻撃はつくづくワンパターンでイライラした。中央でボールを奪う、サイドに振る、クロスを上げる、ボールこぼれる、DFクリア。このパターンの繰り返し。その状況を打開するために投入したのが矢野だったのだろうが、あまりに遅すぎ。疲労であれだけクロスの精度が落ちているときに入れても無意味だろう。足元でボールを収められる選手、もっと言えばそこからドリブルで切り込める選手が欲しかった。そして今回の代表にそういうサブは居らず、オシムも同じ選手しか使う気が無かったようだ

わしは監督批判は好きではないが、今日のオシムの采配は疑問だらけ。準決勝であれだけ消耗した選手たちをどうしてほとんど代えずに先発させたのか?交代で使った選手も今までとまったく一緒。監督の好みはわかるが、コンディションの見極めも大事だろう

今回のような気候的にコンディション維持が難しい大会では、サブ選手の選出にもっと目配りが欲しかった気がする。とくに左サイドに代えの選手がいなかったのが痛い。浦和の相馬とかガンバの家長あたりを呼んでいれば、どれだけオプションが増えたことか。右サイドもせっかく水野を召集していたのだからもっと積極的に使って欲しかった

とまあ、不満をタラタラ書いてみたけど、わしはオシムの目指すサッカーはおそらく日本人にあったものだと思っている。この敗戦でまたぞろ「とくダネ!」の小倉あたりが「日本人監督が良い」とか「(オシムは)言ってることがわからない」とかクダラネエことを言い出すだろうが、こんな何試合かの結果でオシムがユーゴやジェフで築いてきた実績を無視できるお前の言うことの方がわからねえよ、とだけ言っておこう

ま、んなこた気にせず理想のチーム作りに励んで欲しいと思う