カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

参院選、民主大躍進

与党陣営に対する野党・マスコミ連合による連日のネガティブキャンペーンが実を結んだ、というところだろうか。結果を見てわしが感じるのは「なんとなく非自民」という人の票が民主に流れただけということ。見落としてはいけないのは、必ずしも野党の政策が支持されたわけではないと思われる点。「確かな野党」共産党も「とことん護憲」の社民党議席を減らす見込みなのがその何よりの証拠だ*1

これで民主党が現政権に対する攻勢を強め、「安倍退陣」等をを言い出すのは構わない。その権利は得た。ただし社民・共産にはその尻馬に乗る資格はない。それだけは言っておこう

今回の選挙に成果があるとすれば「学会が政界のキャスティングボートを握る」という構図が崩れたことだろうか?ぜひ自民党にはこれを機に創価学会公明党と手を切って独自色を強め、政策単位でその実現のために党派を超えた大同団結を図っていくことに期待したい。東アジアの危機は目前に迫っているのだから

*1:ちなみにわしは比例でも自民には投票してまへん。わしが入れたのはペマ・ギャルポ