カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

どないせいと

昨日のエントリーですが、今2カ月ってことで

医師の診断によると相方は切迫流産なんだそう。切迫流産とは要するに「流産しかかった状態」を指し、子宮内が出血を起こしているとこう呼ぶらしいのだが、かなり程度に差があるらしい。相方の場合、出血の自覚症状はまったくと言っていいほど無く、どうやら軽い様子

この切迫流産には決定的な治療法は無いとのこと。とりあえず薬を処方してもらい、「なるべく安静に」過ごすことに。しかしそうは言われたものの医者の言う「安静」というのがどの程度の「安静」なのか皆目見当付かない。今の仕事はデスクワークが主なので、上司にその旨を報告して業務内容を吟味してもらえばさほど問題なさそうなのだが、通勤は自転車でも良いのか?とか、「重いものを持つな」と言われても一体何キロからが「重い」ことになるのか?など、さっぱりわからないことだらけ

仕方が無いので「安静に」=「無理すんな」と勝手に解釈して、通常通りの生活を続けることに決定。実際相方にまだツワリの気はないし、ときどき腰が痛くなる*1程度。まあたぶん大丈夫だろうとは思うのだけど、どうなんだろねぇ?

*1:原因不明