カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

横手市十文字「丸竹食堂」

相方の実家へ行く途中に十文字ラーメンの名店「丸竹食堂」を再訪。以前は普通の中華そばしか食べたことがなかったので、今回は月見中華を大盛りで注文してみた

果たしてやってきた月見中華はなぜか肝心要の卵が入ってない。そのことをオバチャンに言うとどうも単純に忘れたらしく「すぐに持ってくるね」と告げて、奥から生卵と追加のタレを持ってきてくれた。このタレは卵が入った分薄くなったスープに足すのだそう

早速スープを一口。どんぶりの底が見えるほどの透明なスープは煮干系だしのさっぱりとした風味。それでいてコクのあるしっかりとした醤油の味がついており、これぞまさに「ザ・和風」のラーメン。手打ちの平打ち細麺はおそらくマルタマ、三角そばやと同様かん水無使用。白色でいわゆる「ツルッ」とした麺ではないが、独特のシコシコした歯ごたえと喉ごしが心地よく、思わずズルズルと音を立てながらすすってしまう。具は卵のほか、麩、海苔、かまぼこ、シナチク、ネギ、チャーシュー。チャーシューは流行りのトロトロチャーシューとは対照的な油脂分のほとんどないタイプなのだが、さっぱり味のラーメンにはこれがよく合っている

期待の月見もまろやかな味わいで実に良い。もともと尖ったところが一切ないラーメンなので、こういう一見合わなそうな具でも受け入れられる懐の深さがあるのかもしれない

持ってまわった言い方すると「わかりにくい」と言われそうなので、簡潔に書いておこう。めちゃくちゃ美味いッス!

あまりのうまさに相方ともどもものの5分で完食してしまった

やはりわしは十文字ラーメンの中ならこの「丸竹」の味が一番好きだ。しかしネットや携帯サイトの評判を見ると好みが分かれるらしく、絶賛の書き込みがある一方、「ひと味足りない」とか「スープが薄い」と言った書き込みも結構見る。わしにはこれがよくわからない。確かに色は「薄い」が味は決して薄いなどということはなく、薄味好きのわしからすればむしろ濃いと思えるほど。「ひと味足りない」という人には、この完成された味に一体何を足すのか?と問いたいくらいだ

まあ、もっともわかる人だけにわかればそれでいいのかも。あんまり人気になりすぎて混雑するようだとわしが困るからねw

広告を非表示にする