カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

BDとDVD、映像比較

DVDとBD、両規格の映像を比較してみた。再生ソフトは「ロッキー」BD盤と特別版DVD。プレーヤーはPS3HDMIケーブルで液晶テレビLT-32LC95に接続。PS3側のディスプレイ設定は720p出力とした。撮影がかなり適当なので単純比較はできないかもしれないが、双方の違いはわかると思う

まずはエイドリアンが勤めるペットショップをロッキーが訪ねるシーン。以下ほぼ同一の場面をDVD、BDの順で見ていく


奥の棚に並ぶ缶のディテールを見るとBDの方が格段に精細に表現されていることがわかる。この画像だとエイドリアンの着ているシャツがチェック柄であることはBDでしか確認できない

続いて線路沿いでのガッツォとの会話の後、侮辱の言葉を投げかける運転手に向かってロッキーがすごむシーン


ここではロッキーが着ている革ジャケの質感に注目してほしい。よく着込んだ本皮の質感がBDの方でははっきりと見て取れる

次は世界戦の決まったロッキーの部屋をミッキーが訪ねるシーン


あまり違わないように見えるが、ここでもミッキーの着ている服、壁紙のディテールなど情報量が格段に違っている。テーブルに置いた帽子もDVDではただの黒いカタマリだが、BDではコットンの質感まで伝わってくるようだ

最後にフィラデルフィアの街を走るロッキー


道路の傍らに散らばるゴミやドラム缶にくべた火で暖をとる人々など、一目見ただけで違いは明らか。暗部の情報量、映像の立体感など、BDの表現力は段違いにすばらしい

アバウトな検証だが、BDの映像がDVDのそれとはまったく別次元のものであることはわかってもらえたことと思う。これだけの違いを見てしまうと、もうDVDには戻れない、というのもうなづけるのではないだろうか?