カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「デジャヴ」

月曜日、あまり遠出する気にもなれなかったのでTSUTAYAでDVDでも借りて観ることに。長考のあげく、パッケージの裏書を見て面白そうだった「デジャヴ」をチョイス

デジャヴ [Blu-ray]

デジャヴ [Blu-ray]

デンゼル・ワシントン主演ということでもっと骨太のサスペンスなのかと思って観ていたら、途中からタイムスリップものSFになっていてびっくり。フェリー爆破犯の捜査という展開から、いきなり「きっちり100時間前をリアルタイム(?)に映し出すことのできる装置」なんてモノが登場してしまったのには正直閉口。あまりの荒唐無稽さに危うくドロップアウトしかけてしまったのだが、結論から言えば「我慢して最後まで観て良かった」と思える作品。それなりに練り込まれた脚本と派手さは無いがツボを抑えた演出が好印象

正直ツッコミどころは挙げだしたらキリがないくらい多い。タイムスリップもののお約束としての辻褄合わせが、最終的な結果の部分にしか繋がっていかないので、歴史変更以前の並行しているはずの(最初の)時間の流れが完全に無視されてしまっていてどうも落ち着かない。しかし致命的とも言える矛盾を抱えたまま進行しているにも関わらず、着想の面白さと映像、演出のテンポのよさが、さも「細かいことは気にすんな!」とばかりに畳み掛けて、マイナスポイントを打ち消してしまっているのはスゴイ

デンゼル以下の俳優陣も良い。心の内に深い闇と凶暴性を備えた犯人を演じるジム・カヴィーゼルはまさに適役。CIA捜査官を演じるヴァル・キルマーなど地味ながら味のある配役で魅せる。そういえば同じように時間を超えて事件を解決するストーリーの映画に「オーロラの彼方に」があるが、あれの主役もジム・カヴィーゼルが演じていた。しかも「オーロラ〜」もまたタイムパラドックスを力技でねじ伏せるような作品だったというところが面白いと言えば面白い

釈然としないのはラスト。あれだと結局ハッピーエンドと判断してよいのかどうなのか、どうにもよくわからない。もう少しスッキリした終わり方にはできなかったもんだろうか