読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

内藤対亀田、いよいよ明日

スポーツ 格闘技

「いよいよ」なんて書いたけど、ついさっきまですっかり忘れてたこの話題w

一応予想しておくと実力的には間違いなく内藤が上だろう。挑戦者の亀田が本気でタイトルを狙うなら初回から攻勢をしかける必要がある。付け入る隙があるとすれば、苦節の末に戴冠、初の防衛戦を迎えた王者の緊張と亀田家に対する必要以上の意識。しかし内藤は王者なのだから、最初からKOを狙う必要などどこにもない。それこそ「大人の対応」で序盤を受け流せば、自然と内藤ペースで試合は進むことだろう。具体的に言うと亀田は例によってガードを上げて押し込み、相手のパンチの打ち終わりを狙ってフックを振る、という攻撃パターンだろうと思うが、内藤はこれまでの相手とは違って真っ直ぐ下がることはないだろうから、このパターンには嵌まらず亀田はスタミナを浪費する、と見る

わしの予想はズバリ内藤の7回KO勝ち、ということにしておこう。無論根拠は無い。ど素人だもの

というようなことはボクシング好きなら誰でも予想できることなのだが、これもすべて「普通の試合なら」という前提の話。まず注意すべきなのは、これまでの亀田兄弟の試合がすべてそうだったように、興行それ自体が亀田サイド寄りで開催されているということ。テレビ中継をするTBSは、アナウンサーはもちろんのこと、解説者まで協栄出身者で固めて「亀田優位」の印象を視聴者に植え込もうとするだろう。過去の格闘技中継のスタイルから見て、試合そのものにまで何らかの形で介入する可能性すら否定できない。視聴者はこの辺りを冷静に見極めなければならない。挙句、最後まで持ちこたえただけの亀田大毅の判定勝ちや、不可解な事故による試合ストップ、負傷判定などのシナリオもあり得ない話ではないと見る

半分冗談で言うんだが、まずグローブが本当に公平か?ここをしっかり監視する必要があるだろう。いや、やっぱりマジで

広告を非表示にする