カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

亀田(兄弟)の本当の評価

さて、まもなく内藤大助亀田大毅の世界戦。ネット上も世間の評判でも内藤圧倒的優勢の下馬評。わしも内藤有利は動かないと思うが、実際のところ亀田大毅のボクサーとしての評価はどの程度のものなんだろう?わしは素人なので当然見た印象でしか語れないのだが、正直まだ世界レベルのボクサーではないと思っている。ただ、ネット上でアンチ亀田が吹聴しているほど「メチャクチャ弱い」とも思わない。それなりのボクサーではあると思う

わしがボクサーとしての亀田が「まだまだだなあ」と思うのはその引き出しの少なさ。これは兄貴にも言えることだが、あの極端なピーカブースタイルがまずいただけない。力押しできる相手ならまだしも、良いリードパンチを持った選手やフットワークの巧い選手を相手にしたらあれでは持たない。それでいて圧倒的なスピードがあるわけでもないし、抜きん出た防御技術があるわけでもない。まあ、それが無いからこそのスタイルなんだろうけど、あのスタイルを続けるうちはこれ以上の伸びシロは期待できない。素質は認める。それなりのモノはある。だがそれもまともなトレーナーが付かない限り、開花しないのではないか?

以上はど素人の見解なので、あまり参考にならない(笑)では、プロの見解はどうなのか?

http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/sports/kameda/news/20071010-OHT1T00036.htm

 いきなり激辛だった。ガッツ氏は、10戦無敗で国内最年少の世界王座奪取記録に挑む大毅を「これぐらいの選手なら日本にゴロゴロいる」とバッサリ。さらに「実力不明の外国人と10戦やって勝ってるのでは認められない。ブタもおだてりゃ何とやらで、メディアが騒ぐから自分の実力を勘違いし、世間も強いと錯覚してる」と切り捨てた。

ガッツ石松氏の指摘は実に的確かつ冷静。これがボクシング関係者の一般的な見方ではなかろうか?ではガッツ氏の内藤評はと言うと

注目は前半だが、内藤なら台風28号がきても耐えるよ。6回以降は7対3で主導権を握り、初防衛だな

言葉の意味はよくわからんwが、評価の高いことはうかがわせる

続いて前王者ポンサクレックの話
http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/sports/kameda/news/20070713-OHT1T00051.htm

 ポンサクレックはこれを知ると「亀田は内藤よりレベルが低い」と言い切った。マネジャーのピヤラット氏(35)も「2年前から協栄とは4、5回連絡を取り合ってるが(亀田のポンサクレックへの挑戦要求が)本気とは思えない。王者の名を使って宣伝してほしくない」と不快感を示した。

これは内藤戦のために来日したときのポンサクレックの言葉。対戦相手として意識しているからこそ強気に言ったのだとも思うが、直近の対戦相手の方を持ち上げている点は見逃せない

まあ、それもこれも今夜結果が出るのだから、あとは試合を待つのみ。結構楽しみだね

広告を非表示にする