読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

亀田大毅の反則を糾弾せよ

スポーツ 格闘技

結果だけを見れば、大いにすっきりした。KOはならなかったが、あれだけローリスクで頭を突きつけるだけの相手とやらされちゃ、いくらチャンピオンでも倒すのは難しい

亀田の試合内容はほぼ予想どおり。極端なピーカブースタイルで頭を突きつける。体をくっつけてフックを振る。クリンチ時には細かい猫パンチ。さらにはバッティングで内藤の額を狙う。レフェリーのブレイクが入ったらすかさず顎を狙ってパンチを振る、、、。ボクシングやる気あるのか?というやり口

それよりも問題なのは、TBSの大偏向放送と亀田大毅の反則。予想はしていたがヒドかった

  • 大毅の執拗なバッティングで内藤のまぶたが切れる。アナ「ストップなら亀田のTKO勝ちになりますね!」
  • 場内圧倒的に内藤コールなのにアナ「場内は内藤コールと大毅コール」。見てた人、大毅コールなんて聞こえた?
  • 明らかに倒しに行っている内藤と負傷反則しか狙っていない亀田。アナ「チャンピオンの時間稼ぎ」
  • 圧倒的に内藤がリードしてるのに鬼塚「内藤選手、チャンピオンの意地ですね」
  • 内藤がもつれた大毅の頭を叩く反則で減点。アナ「これはいけません!」。大毅、内藤にフロントスープレックス!鬼塚「若さですね」
  • 最終ラウンド、3分直前でタイム表示が突然消える。その後なぜか残り10秒の拍子木が鳴る

ざっとかいつまんで見ただけでもこれ。どうなってんだ?最初から最後まで実況陣は亀田一辺倒。ゲストの赤井秀和までそれに同調する始末。明らかに亀田用のコメントしか用意してなかったと思われる熊田曜子は試合後のコメント無しw

前から言っているがTBSにスポーツを中継する資格は無い。早く放送免許を剥奪してほしい。あの反則を「若さ」の一言で片付ける鬼塚も追放

ついでに亀田大毅のボクシングライセンスも剥奪すべきだ。あんなヒドイ反則を見過ごすことなど許されない

クリンチのたびに太股や下腹部を狙ってローブローを打ち込む。ヘッドロックまがいのホールド。故意の寄り倒し、上手投げ、フロントスープレックス。しかも最終ラウンドでは親父が「投げろ!投げろ!」と指示を飛ばしたのが、はっきりとマイクに拾われていた

勝った内藤も不満そうだった。ひとまず勝ったことには「満足」しているのだろうが、ボクシングへの冒涜に等しい行為に相当憤っていたことと思う。手渡されたゴールデングローブのトロフィーを指差して「これはなんだ!」とばかりにアピールしているのには、怒りを通り越して笑ってしまった

そしてわしが何より腹が立ったのは、亀田親子の相変わらずの対戦相手に対する敬意の無さ。負けを認めて健闘を称える、などという感覚はまるでないのだろう。そこが過去のビッグマウスとの決定的な違いなのだ。人間が小さいんだよ

ともかく明日の朝刊は「亀田初黒星」で反則をスルーしないでもらいたい。そのうちヌルヌル秋山(ヌル山)と同じように検証、糾弾の動きが出るだろう。そのとき嘘を暴かれて恥をかかぬよう、マスコミには公正な仕事に徹してもらいたいものだ*1

*1:ところで切腹は?w

広告を非表示にする