読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

TBSのお手軽オタク叩き

テレビ

TBS「アッコにおまかせ」の初音ミク特集に批判相次ぐ - ITmedia ニュース

 TBS系列で10月14日昼に放送された「アッコにおまかせ」で、歌声制作ソフト「初音ミク」を紹介した特集に対し、放送直後からネット上で批判が相次いでいる。結果的に同ソフトが「単なるオタクのおもちゃという扱い」と失望する声や、「ソフト自体とは無関係な『オタク』をおもしろおかしく取り上げるテレビの印象操作にはうんざり」といった声が多い。

わしもこの番組を見た。亀田の例の失態を受けて、TBSがどんな風に掌を返すのかと思って朝からザッピングしていたのだが(根性悪いね、わしもw)、見た瞬間、どこか胡散臭いものを感じて仕方なかった

わしはこの「初音ミク」なるPCソフトのことはこの番組を見るまでまるで知らなかったのだが、以下のようなものらしい

 特集は約2分半。まず東京・秋葉原で通行人に「初音ミク」について尋ね、秋葉原では知名度が高いことを紹介。同ソフトを使って音楽を制作しているユーザー宅を訪問し、ユーザーが「初音ミク」がPCで歌声を制作できるソフトだと明かした。

 ここでナレーションが「歌詞と音程を入力すればヴァーチャルアイドルが歌ってくれる」「萌え萌えアイドルがまるでレコーディングをしたかのように歌ってくれるのだ」などとソフトを紹介した。

で、「アッコにおまかせ」がどのようにこのソフトを紹介したのかと言うと

 先立って登場していたユーザーが、同ソフトを使って制作したオリジナル曲を生演奏付きで披露した。しかしその後は一転し、ユーザーの「3次元には興味がないんで」「俺の嫁」といった発言や、ユーザーの部屋に貼られていたギャルゲーキャラのポスター、コスプレなどを取り上げる流れになった。

 最後に、ナレーションがこのユーザーに対し「普段は何を」と質問。ユーザーが「コンビニでアルバイトを」と返答すると「ふーん、ご立派ですねえ」とナレーションが返して特集ビデオは終了した。

TBSはこの番組以外にも悪名高い「サンデージャポン」でも秋葉原のオタクの「声」を取り上げて笑いものにする、という行為をたびたびやっている。「キモい」オタクは、世間にとっては笑いものにしやすい存在なのだろう。確かにこんなものが売れている、という時点でかなり「痛い」ニュースではあると思うが、あんな恣意的なやり方でユーザーのイメージを貶めるのはどこかおかしいのではないか?

結論から言うと、わしはこの番組に登場した「ユーザー」自体が「仕込み」なのではないか?と疑っている。前述の「サンデージャポン」では無作為のはずの複数の街頭インタビューに毎回同じ「キモい」オタクが登場し、時に芸能、時に政治世相についてコメントしていたことが、何度となく指摘されている。それらに登場する「キモい」オタクたちは、一般視聴者がオタクに抱くネガティブ・イメージをまさに具現化したような人々。よくもこれだけ「ジャスト」な人材を「偶然」発見できるものだと思わず感心してしまうほど不思議な巡り合わせなのだが、それも「仕込み」と考えれば何の不思議も無い

もちろん以上のことに確証は無い。しかしTBSの「前科」を考えれば限りなくクロに近いと思われるし、「仕込み」でないから良いというものでもない。そもそも本来多様なはずの「オタク」をたった一例を以って画一的なイメージで語り、視聴者にマイナスイメージを植えつけようとするようなやり方は公明正大なはずの民放テレビ局のやることではない

ってか、早くTBSの放送免許を剥奪してくれよw*1

、、、なんて書くと「○○のアニメ番組が観られなくなるのは困る」てなことを言い出すオタクもいるんだろうなorz

*1:実はこれが言いたいだけだったりする

広告を非表示にする