カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

ピクトイメージDS

一仕事終えての連休ということで一日のんびり過ごす。近所の家電量販店へぶらりと立ち寄り、暖房器具や冷蔵庫などを見るついでにゲームも物色。PS3の「ウイニングイレブン2008」も気になったのだが今ひとつ評価が安定していなかったのでひとまずスルー。ふと以前から欲しいと思っていた「ピクトイメージDS」のことを思い出し、店をはしごして発見、買ってきた。

ピクトイメージDS

ピクトイメージDS

家へ帰って早速プレイ。コタツに入って相方と2人でお絵かき合戦

あるお題にしたがって一人が絵を描き、もう一人がその絵を見て「何を描いたものか?」を当てるというゲーム。例えば、お題の絵を下のように描いたとする

絵を描き終わったら相手にDSを渡す。その答えが「めろん」なら正解!という寸法

このくらい簡単なお題なら良いのだが、「天国」とか「うなぎのぼり」とか「地下道」とか、どうやって描いたらいいのか悩んでしまうようなお題も多くて、なかなか難しい。二人で次々と珍作、迷作を生み出しては爆笑してしまった

このゲーム、普段まったくと言っていいほどゲームをやらないうちの相方とでもすぐに楽しめるところが非常にグッド。お年寄りや子供でもとっつきやすいことだろう。1台のDSで遊ぶモードでも十分楽しいのだが、実は複数のDSで通信対戦するモードの方が充実している。機会があればこちらも試してみたいところだ

広告を非表示にする