カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

栃乃花関お疲れ様でした

岩手県出身唯一の現役関取、栃乃花が引退を発表した。青森県が数多の名力士を輩出しているため、力士には東北出身が多いようなイメージがあるかもしれないが、実は岩手県出身力士というのは常に5〜6人程度。その中から関取になるのは10年に一人がせいぜい。栃乃花の前だと十両と幕下を行ったり来たりしていた岩手富士、その前だと九重部屋千代の富士の兄弟子だった影虎までさかのぼってしまう

栃乃花は学生相撲出身でありながら前相撲からスタートしてしまった力士として初の関取となり、さらに新入幕の場所で12勝、2大関を破る活躍で敢闘、技能両賞を受賞。その後小結にまで昇進するも怪我のために一時は幕下30枚目まで番付降下、しかしそこから巻き返し16場所ぶりの再入幕、再び三賞を受賞するなど、思い返してみると実に劇的な土俵生活だった

実はわし、本人にも何度か会ったことがある。物静かで少しも傲慢なところが無く、真面目で朗らかな人柄に好感を持った。彼が幕下にまで落ちたときは、タニマチから直々に引退をすすめられている場まで目撃してしまったのだが、結局自らの信念を貫き、後に幕内にまで返り咲いた彼の意地と努力には本当に感心してしまった

あまり権謀術数に長けているとも思えない栃乃花だったが、しっかりと年寄株を取得し、それを待って元客室乗務員の女性と婚約と、取り口そのままの堅実さにも驚かされた。今回の引退で二十山親方になる栃乃花。今後はぜひとも第2、第3の栃乃花を育成して欲しい。でもまずは、お疲れ様でした