カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「ニュー・シネマ・パラダイス」ほかBD購入

amazonで予約していたBDが届く。「1か月に1枚まで」という縛りを勝手に課して物欲を抑えていたのだが、今回は2枚買っちゃいました。ごめんちゃい

買ったのはこれ

COWBOY BEBOP 天国の扉 [Blu-ray]

COWBOY BEBOP 天国の扉 [Blu-ray]

ニュー・シネマ・パラダイス」はずっと欲しいと思っていながらDVDを持っていなかったので、BD版が出ると決まったときには購入を心に決めていた*1。20年ほど前の映画、しかも(たぶん)低予算なので映像はグレインそれなり、音響もモノラル音声のみとハイビジョンパッケージとしての旨味は正直あまりない。しかし画面の粗は粗として、時折篭る音声もフィルムそのままの質感で迫ってくるところは「さすがBD」と感じさせる。特にこの映画は「フィルムらしさ」が命なので、このアナログ感がむしろ大事。変にデジタルでクリーンアップしてしまうより良いのかもしれない

COWBOY BEBOP」の方はさすがの高画質。作画の密度が非常に高いので、隅々までくっきり見えることでDVDではつぶれていた色彩やディテールに新たな発見がある。音もその純度がDVDとは別物。うちのヘッポコシステムでも十分にその違いはわかる。ただ、物語の展開と関係の無いチャプター位置や周辺に若干黒帯のある妙な画面サイズが、DVDとまったく変わっていなかったのは残念

*1:LDは持ってたけどw

広告を非表示にする