カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

秋田県湯沢市「イル・トゥルッロ」

連休を利用して相方の実家がある秋田県湯沢市へ。旧正月のおまつり「犬っこまつり」を見るために行ったのだが、わしのメインイベントはイタリア料理屋「イル・トゥルッロ」へ行くこと。イタリア料理屋というとだいたいは「スパゲティ屋」か「ピザ屋」とイコールだったりするのだが、ここは珍しくちゃんとした南イタリア料理が食べられる店

以前にも行ったことはあったのだが、しっかりした食事をするのはこれが初めて。メニューのおすすめはラザニアだったのだが、あえてその下に書いてあるカネロニをオーダー。さらにバルサミコ酢のサラダとチーズ、生ハム、薄切り豚肉のとんカツ風揚げ物料理(料理名失念)も頼む

レタスとトマトのサラダはバルサミコ酢とオリーブオイルのドレッシングがベストマッチ。たっぷりのオリーブオイルがかかっているにも関わらず少しも油臭くなく、スイスイ入る。待望のカネロニはトマトソースが実にクリーミー。ひき肉の香ばしさも食欲をそそる。平打ちのパスタはやわらかだがしっかりとした食べ応えがあり、ソースと絡むといくらでも入りそうなほど美味。カツは薄くてサクサク。ソースは無いのだが、中の生ハムとチーズの塩味だけで十分いける。これはワインよりビールの方が合う感じ。相方と共に「美味い美味い」と言いながらペロリと平らげてしまった

シェフは南イタリア、プーリア州出身のフィリポさん。もともとはただの料理好きだったのだそうだが、羽後町出身の奥さん*1の知人に勧められてイタリア料理店を開店したのだとか

「いつもはヒマなのに」と言いながら、この日は祭りだったこともあって満席の大盛況。あの辺りの店としては若干割高感がなくもないが、フィリポさんの料理の腕は確か。事実周りのお客さんの声を聞いていてもその味にかなり満足している様子だった。湯沢に行くときはぜひとも立ち寄りたい店だ

*1:相方の親戚だったりする